初めての注文住宅だから不安でいっぱい?そんな方に失敗しない基本ポイントをなどを紹介します!

人生で一番大きな買い物なのに、住宅の購入をどうやって進めていけばよいかわからず不安な方も多いはずです。
このサイトでは、これから始めて住宅を建てる方向けに役立つ情報を掲載しています。
失敗しないためにはどんなポイントを押さえておけば良いのか、限られた予算の中でこだわりを実現させるためにはどう進めればよいのか、注文住宅だからこそ自由に決められる間取りはどうやって決めていけばよいのか、幅広く紹介しています。

初めての注文住宅だから不安でいっぱい?そんな方に失敗しない基本ポイントをなどを紹介します!

注文住宅を建てる際の基本ポイントは2つあります。
1つはハウスメーカーと工務店の違いを知る事です。
大まかに分類するとハウスメーカーは大企業の信頼性と品質の安定性がメリットで、デメリットは広告費がかかっている分費用がかさむことです。
工務店は細やかな要望に対応してくれることがメリットで、デメリットは品質や担当者の質の不安定性になります。
これらを熟知したうえでどちらに委託するか決定する必要があります。
2つめはコンセプトを決めることです。
子供がのびのびできる広いリビングを重視するのか、共働き世帯だから家電にお金をかけるのか、その軸を最初に決めることでその後の注文住宅検討の判断基準になります。

そもそも注文住宅ってどんなタイプの住まい?建売住宅と比べながらその特徴を知ろう!

注文住宅という言葉はよく聞くけれど、実際どういうものなのか分からないという方は多いのではないでしょうか。
その名の通り、設計や設備など様々なポイントを注文して建てる住宅のことで、建売住宅とは多くの違いがあります。
建売住宅は既に分譲地に建てられて販売されている一戸建てで、手間なくマイホームが手に入れられるのがメリットですが、その一方で中々100パーセント希望に合った住宅を見つけるのは難しいのが現実です。
その点、注文住宅は間取りから外観、住宅設備に至るまで、予算の許す限り希望通りのマイホームを実現することができるのが大きな特徴です。
また、好みの土地を買ってそこに建てることができるので、通勤や通学の利便性を高められるのも魅力となっています。
注文住宅は自由度が高い代わりに、建売住宅と比較してかなり高額であるというイメージを持たれがちです。
しかし、しっかりと優先順位を考えてコストをかけるべきところ、かけないところのメリハリを付けることで、限られた予算内でも理想のマイホームを手に入れることが可能です。

もちろん注文住宅ならではの魅力的なメリットも沢山ある!

注文住宅ならではのメリットは自由度が高いということです。
法律面や技術面で問題がなければ、自由な家を建てることが出来ます。
自分だけのオリジナルの家を作れるのは大きな魅力の一つと言えます。
注文住宅を建てる大きなメリットに、家が建つ工程を自分の目で確認することが出来るという点です。
建売住宅の場合は建築途中の段階を確認することは出来ませんが、注文住宅は自分の目で確かめられるため、欠陥住宅や手抜き工事などの不安軽減にも繋がります。
施工主が現場にいることで担当者や職人達に良い緊張感を与えられるだけでなく、必要な場合は第三者の専門家にチェックしてもらうことも可能です。
注文住宅の場合、自分達には必要無いというものやこだわらなくて良い部分については予算を抑えたり、無くしたりすることも出来ます。
いらない部分を無くすことでこだわりたい部分に予算を思い切って使える様になるだけでなく、コストを抑えることが出来る様にもなります。

最初に注文住宅のデメリットも知っておけば対策も立てやすい!

一流のハウスメーカーが施工した住宅は、売却するときにも高い査定額が提示されます。
したがって注文住宅を建てる人々の多くが、施工会社選びを慎重に行っています。
一方で注文住宅のデザインが極端に個性的すぎると、将来的に自宅を売りづらくなります。
そのために個性が逆にデメリットになると考える人は、独自設計の住まいであってもスタンダードなプランを選ぶ傾向が強いです。
ごく平均的な4人家族が暮らしやすい仕様の注文住宅は、売却もしやすいのが魅力です。
施工実績が多いハウスメーカーの担当者と相談すると、売りやすさも考えながら適した建物を設計できます。
更にスタンダードなプランには、設計と工事の期間が短縮できるメリットもあります。
費用を重視しながらコストパフォーマンスが良い家を建てるためには、無難な間取りを選ぶことが肝心です。
パンフレットで紹介されている間取りをベースにするのが、効率よく家づくりを進めるテクニックです。

注文住宅こそ業者選びが大事!その理由とは?

家づくりにおいて考えることは建売を購入するか、注文住宅で自分たちのある程度好きなように設計できる一軒家を選ぶかという二択になってくると思います(一軒家住宅購入の場合)特に注文住宅の場合はほぼ一から家を作り上げるので、たくさんあるメーカーの中からどこが一番自分たちの希望に合うか、業者選びが重要です。
例えば木造一軒家の場合に重要になる木材の種類や断熱構造など、メーカーによっては得意不得意があります。
そこは小まめに住宅展示場や事務所に足を運びそのメーカーの特徴を掴むことが大切であると同時に、その工法のメリットデメリットを知っておくと、家づくりの際の知らなかった知識を得られることになります。
あるメーカーでは断熱材に吹き付け材を使い隙間を完全に埋めますよ、と勧めてくる一方でその工法だと数年後に木材が変形してきたときに隙間が生まれ、そこから湿気が入り込んで柱が傷む原因になりますので外張り断熱にした方がいいですよ、と提案してくるメーカーもあります。
様々なメーカーが存在する中で、注文住宅こそ業者選びが最重要と言えるかもしれません。

著者:志田伝

筆者プロフィール

福島県喜多方市生まれ。
理想のマイホームを建てるために、注文住宅の魅力や特徴について発信しています。
喜多方 注文住宅