自由自在な設計こそ注文住宅の強み!間取りの検討はじっくり情報収集から始める!

自由自在な設計こそ注文住宅の強み!間取りの検討はじっくり情報収集から始める!

家づくりのポイントは数多くありますが、とりわけ重要視されているのが間取りです。
ライフスタイルと家族構成を総合的に考えると、最適な部屋の配置のイメージも具体化できます。
建売住宅でもある程度部屋の配置の自由度はありますが、注文住宅を選んだほうが理想の住まいが実現しやすいです。
様々な事例を比較検討すると、個別の家庭のスタイルにマッチしたプランを見つけることができます。
特に子育てをしている家庭の場合には、勉強部屋の配置にこだわることが大切です。
限られた面積の注文住宅で独立した子供部屋を確保するためには、設計で様々な創意工夫をすることが肝心です。
ファミリー層向けの注文住宅に強いハウスメーカーと相談すると、様々な事例を紹介してもらえます。
更に展示場を見学すると、実際の建物の内部を見ながら理想の住まいをイメージできるようになります。
日当たりや風通しも重視したいときには、建築予定地の立地条件を調べてプランを決定する必要があります。

生活動線を意識した最善の注文住宅のあり方

注文住宅では、何よりも生活動線を意識した設計を考える必要があります。
生活動線は、間取りを決める上で現実的な生活空間が保たれているかどうかを判断するための基準だと言えます。
例えば、一見すると生活がしやすい状態になっている間取りに見えても、実際に生活をすると全くそのようなことにはなっていないことも多い現状です。
このような失敗をしてしまうのは、注文住宅の中で生活感を意識した造りになっていないからに他なりません。
注文住宅が他の物件と大きく異なるのは、自由度の高い設計を行うことができるという点です。
特に、フルオーダーで内装を決めていくときには、多少おかしな間取りになっていたとしてもその提案を受け入れる業者も少なくありません。
この場合、通常ならば生じない生活空間の流れが悪くなることがあります。
こういった、日常生活に存在する人の流れを意識した設計は注文住宅では必ず必要になるため知っておかなくてはいけません。

著者:志田伝

筆者プロフィール

福島県喜多方市生まれ。
理想のマイホームを建てるために、注文住宅の魅力や特徴について発信しています。