注文住宅で心配なのは予算オーバー?まず絶対にこだわりたい部分を整理して優先順位化を!

注文住宅で心配なのは予算オーバー?まず絶対にこだわりたい部分を整理して優先順位化を!

注文住宅は、間取りやデザイン、設備の選択などの自由度が高いので、より自分好みの家を作ることができます。
しかし問題なのは、あれもこれもと要望が多くなって、予算がオーバーしてしまうことも多いということです。
どれだけでも予算をかけていいのなら、とことんこだわることもできるのですが、普通は限られた予算でどうにかする必要があります。
では、当初考えていた金額をオーバーしてしまいそうな場合はどうしたらいいのかというと、こだわりたい部分を整理して優先順位化することが必要になると言えます。
つまり、こだわりのある部分にはお金をかけて、そうでない部分は節約するということです。
そうした取捨選択をすると、限られた予算内で、より満足度の高い注文住宅を作ることができます。
ですので予算がオーバーしそうになったときは、一度、徹底的に設計や設備などの見直しをして優先順位をより明確に決め、メリハリのある予算の使い方を検討することをおすすめします。

ターゲットを絞ってメリハリのある注文住宅を新築するコツ

マイホームを建築する施主の収入は限られており、土地の購入費用も含めて限られた予算で建築可能なプランを見つける必要があります。
そこで独自設計の注文住宅の建築でも、希望する条件の中で特に必要なものにターゲットを絞ってプランを選ぶ傾向が強いです。
機能性に注目して注文住宅のプランを考えるのが、低予算でメリハリのあるマイホームを実現するコツです。
特に建物の無駄な装飾を省くと、建築費用も安くなるうえにシンプルで飽きの来ないデザインにもなります。
施主自身が希望する条件を伝えることも重要ですが、ハウスメーカーの担当者と相談して不要な部分を省くことも大切です。
実際に家を建てた人の様々な意見を参考にすると、不要な住宅設備やオプションについて知ることができます。
一方で安心して新居で暮らすためには、耐震性の向上のために十分な費用をかけるべきです。
そして壁と設備の撤去がしやすいプランを選ぶと、住み心地の向上のための改造も楽に行えます。

著者:志田伝

筆者プロフィール

福島県喜多方市生まれ。
理想のマイホームを建てるために、注文住宅の魅力や特徴について発信しています。